ダイブフェローズのダイビングライセンスコース

ダイブフェローズのダイビングライセンスコース

ダイブフェローズでは、PADIのダイビング講習を開催しております。PADIは世界的にメジャーなダイビング指導団体です。 弊社では、クオリティーの高い講習を責任を持って提供して行きたと考えます。その為、講習期間も指導団体の推奨日程に沿って行ない、責任を持って正しい知識とスキルを身につけて頂けるよう少人数でゲストに合わせて進めて行きます。

Cカードとは?

Cカードとは?

Cカードとは各ダイビング指導団体が基準とするスキューバダイビング講習の修了認定証のことです。ライセンスとも呼ばれてますが認定証なので更新はありません。しかしし、この認定証を持っていても持参を忘れると、ダイビングショップでダイビングしたいと言っても「体験ダイビングの方に参加して下さい。」って感じで断られるのが普通です。TVで見るような潜水シーンを経験したい方は、Cカードが必要になる訳です。

講習内容

ダイビング器材の使い方を講習中

初級コースは、基本技術と知識の習得があります。ダイビングは、我々が日常生活する環境と異なる水中のでレジャーであり、正しい知識と技術を身に付けないと危険だからです。内容は下記の様になります。

  ・学科講習(筆記試験あり)
  ・プール講習(限定水域)
  ・海洋実習(4ダイブ)
  
通常、指導団体が推奨するカリキュラムは4日間の日程を必要とします。

初級コース

水中での基本練習中

このコースを修了し認定されると、一般的に「認定ダイバー」、「エントリーレベル」、「ライセンスホルダー」または「Cカード保持者」というように呼ばれます。

指導団体によるステイタスの呼び方は違いますが、資格はほとんど変わりません。PADIでは「オープンウォーターダイバー」と呼んでいます。

認定後の資格は、初級認定ダイバーが2人以上の一緒のグループであれば、自分たちだけで計画しダイビングを楽しむことができます。もちろん世界中でダイビングショップが開催しているファンダイビングツアーに参加ができます。


講習日数の目安は20~30代の2名1グループで順調に進んで3日間。高齢の方や1グループの人数が4名くらいになると4日間がベストですね。

学科のセクションを日本で自習して頂き、サイパンでコース日数を1日減らすプラン(料金も割安)もありますのでご希望の方はご相談下さい。ただし、しっかりとと予習してもらいますよ(笑)!


コース参加条件は現在過去ともに病歴が無いこと(ある場合は医師の診断許可書が必要)と年齢10歳以上(上限は無し)であることです。

限定コース

サイパンのきれいな海で講習すればハマること間違いなし!

このコースを修了し認定されると、一般的に「限定付き認定ダイバー」や「限定付きCカード保持者」、「プレエントリーレベル」、こんなように呼ばれます。

指導団体によるステイタスの呼び方は違いますが、資格はほとんど変わりません。PADIでは「スクーバダイバー」と呼んでいます。

認定後の資格は、プロのダイバーと一緒でしか潜れないのを条件に、水深12mまでのダイビングを楽しめます。

講習日数は1日半~2日間ほどで、コース参加条件は初級コースと同じです。
限定コースの講習内容は、初級コースの内容の一部で修了するため、将来残りのセクションを受講することにより初級コースにアップグレードが可能。(世界中の同指導団体加盟店で受講可能)

PADIとは

ダイビング指導団体PADIのロゴ

■パディ PADI
  Professional Association of Diving Instructors

世界180ヶ国以上で12万人以上のインストラクターを含むプロフェッショナルメンバーと約4,300以上のダイブセンター/提携リゾートからなるワールドワイドな組織であるPADIは名実ともに世界最大のスクーバ・ダイビング教育機関です。

Copyright(c) 2014 ダイブフェローズ サイパン All Rights Reserved